研究交流会

可視化検定研究交流会

  • 主査: 岡本孝司(東京大学)
  • 幹事: 宮地英生(ケイ・ジー・ティー)

産学連携推進評議会

目的

産学推進評議会(以下評議会)を設立する目的は以下のとおりである。
  • 可視化情報学会に関する科学技術の基礎および多くの分野での応用に関する情報の交換と普及
  • 最新の技術の習得、国際的な情報収集、また他学会との連携を強め、可視化情報に関する科学・技術・産業の振興の向上に寄与
  • 各研究交流会を通して、さまざまな新しい企画立案を実施

活動内容

  • 評議会内部に個別のテーマに沿った複数の「研究交流会」を設立する
  • 「研究交流会」は産学共同研究とする
  • 各「研究交流会」を通じて、様々な新しい企画立案を実施する