可視化検定研究交流会 概要

  • 主査: 岡本孝司(東京大学)
  • 幹事: 宮地英生(ケイ・ジー・ティー)
  • 目的: 本研究会では、汎用的な可視化ソフトウェアとして大学・研究機関で利用されているAVS、および、そのシリーズ製品(e.g. MicroAVS)を使用した「情報可視化検定(仮称)」を2年後に実施するため、検定の内容・実施方法等について検討する。
  • URL: http://www.visualization.jp/council/certification/