文化フォーラム・八王子「人体の見えないものを観る」

 人間は視ることにより学び理解し成長していきます。また、見えないものを視る技術の進歩が科学の発展に大きな貢献をしております。最近の科学技術の進歩には著しいものがあり、自然現象だけでなく社会現象や心理現象までも視ることが可能になってきました.このような可視化情報は、私どもの人間社会の理解を深め平和で豊かな社会を築くために大変役に立ちます。  このフォーラムは、学会の使命の一つである社会への貢献を目的として、専門の先生により、一般の方々が興味を持つ有用な“可視化情報”の現状について、画像と映像を豊富に駆使した《ビジュアル講演》をご提供いたします。  「総合的な学習の時間」の授業展開をご検討中の小・中・高校の先生方、好奇心旺盛な小・中・高校の生徒、生涯学習の一環として新しい科学・教育に関心のある一般の方のご参加をお待ちしております。
主 催: (社) 可視化情報学会
共催(予定): 首都大学東京
後援(予定): 文部科学省、東京都、八王子市、東京都教育委員会、
八王子市教育委員会、首都大学東京、ネットワ-ク多摩
日 時: 平成18年11月5日(日) 13:00~17:00
場 所: 首都大学東京 南大沢キャンパス 1号館120教室
東京都八王子市南大沢1-1
京王相模原線南大沢駅下車5分
地 図: 東京都八王子市南大沢1-1 103
定 員: 300名(定員を超えた場合は抽選)
参加費:
  • 無料
  • 申込方法: こちらからお申込ください。(オープン予定)
    申込期限: 平成18年11月5日(日)
    講 演: 心臓を観る(血液流)「ヒト心臓血管系血流のシミュレーションと可視化で、何が観えるか」
        千葉大学 工学部 電子機械工学科 教授 劉浩
    心理学から観た脳の錯覚
        首都大学東京 都市教養学部 心理学コ-ス 教授 市原茂
    心を観る
        未来技術研究所 所長 中山泰喜
    考古学とテクノロジ-の融合-最先端の可視化技術が解き明かすミイラの謎-
        日本SGI(株) SiliconLIVEシステム事業部 ソリュ-ション推進 マネージャー 澤扶美
    実行委員会: 委員長: 太田正廣 (首都大学東京 教授) 監 事: 水沼 博 (首都大学東京 助教授) 委 員: 大橋正和 (中央大学総合政策学部長 教授) 岡本孝司 (東京大学 教授) 川橋正昭 (埼玉大学工学部長 教授) 小林敏雄 (日本自動車研究所 所長) 辻村 学 (荏原製作所 執行役員) 豊田国昭 (北海道工業大学 教授) 中山泰喜 (未来技術研究所 所長) 藤澤延行 (新潟大学 教授) 水野明哲 (工学院大学 教授)
    問い合わせ先: 可視化情報学会 文化フォーラム・八王子 実行委員会委員長
    首都大学東京 大学院理工学研究科機械工学専攻 太田正廣
    電話: 042-677-2715、FAX: 042-677-2701
    電子メ-ル: ota-masahiro@c.metro-u.ac.jp