第27回可視化フロンティア「PSP/TSP講習会2017(東京)~蛍光燐光による定量可視化」

~可視化情報学会CPDプログラム(技術士/JABEE継続教育)~

概要

本講習会では画像による流れの可視化を基礎技術とした,蛍光燐光による定量可視化に関する技術情報を提供することを目的としています.

PSP(感圧塗料)/TSP(感温塗料) や分子タギング法では,染料に照明を当てて撮影すれば何らかの「もっともらしい」データを得ることができます.正しい結果であると信じたいところですが,実は“もっと正しい”結果を得ることができるかもしれません.塗料,ポリマー,光源やカメラの選び方,使い方など,いろいろなパラメータの考え方はどうでしょうか?

本講習会では,ニーズの高まりつつある,蛍光・燐光によるスカラー量の定量可視化計測について,よりよく理解し,適切に活用するためのノウハウと技術情報を提供します.センサ分子とその固定法,測定法など目的に合致する選択をするためのノウハウと技術情報を提供します.現在の技術動向,測定限界や最新事例についても俯瞰し,研究・開発への導入を支援します.

企業・大学等の研究者,技術者,大学院生などのうち,流れの可視化計測をこれから実施しようとされている方,実施現場でお困りの方,計測データの処理方法を知りたい方,これまで以上に活用したい方を対象としています.

本講習会技術士やJABEEの継続教育に関する可視化情報学会CPDプログラムの第27回目として位置づけられており,講習会受講者全員に修了証が発行されます.

日 時:2017年5月29日(木) 9:40 - 18:00(9:20開場)

場 所:LMJ東京研修センター3階大会議室

アクセス:都営地下鉄三田線 水道橋駅下車 徒歩5分

定 員:50 名


プログラム(予定):

詳細プログラム

9:40~11:00 感圧分子の光学特性と試料作成法 (東海大学 沼田 大樹)

この講義ではPSP計測の原理について理解する.蛍光燐光のスペクトルはWEB等で探すことができるものもあるが,酸素分圧に応答するセンサ分子の光学特性データベースはない.この講義では感圧色素として用いられる代表的なセンサ物質の光学物性とその特徴について解説する.またPSPは色素とポリマー,それらを溶解する溶媒の組み合わせや成膜方法,色素の濃度を変化させることで発光強度や,圧力感度などの特性が大きく変化する.実験内容に応じて,どのPSP, ポリマーを選択すれば良いのか,実験計画を立てる上で参考になるように,実践的なガイドラインを示す.

また,代表的なPSPの作成方法について理解する.最も基本的なポリマータイプ,高速応答試験に適した陽極酸化タイプなどについて説明する.作成上注意すべき点や特性が変化する要因などについても述べる.またPSPを模型に塗布する方法などの実践的なテクニックについても解説する.さらに陽極酸化被膜の作成方法と注意点,陽極酸化被膜に適用可能な色素の種類と付着方法についても述べる.また主要な色素やポリマー,溶媒の購入先についても紹介する.

11:10~12:30 PSPによる圧力分布計測基礎(宇宙航空研究開発機構 中北 和之)


計測システムの構成と,計測データから圧力を算出する際の手法及び留意点について述べる.計測システムについては必要となる機器構成と求められるスペックについて解説する.色素の劣化や温度分布などの実際の計測時に問題となるさまざまなPSP計測上の誤差要因を挙げ,それらの問題に対処するための精度・信頼性向上手法について解説する.PSP計測の一般的な計測精度や適用可能流速範囲などにも触れる.これらを通してノイズレスかつ高精度な定量的圧力分布データを得るための実践的なノウハウを取得する.

13:30~14:50TSPによる温度分布計測基礎(東北大学 永井 大樹)

TSPに関して,その原理と適用可能な温度範囲,温度応答性および計測例について述べる.他の一般的な温度分布計測手法に対して,TSPを用いることのメリットやデメリットについて述べるとともに実際に計測を行う上で必要となる様々な実践的な注意事項を紹介する.特に可視化データより定量的なデータを抽出するために知っておくべきノウハウや誤差の考え方についても紹介する.

15:00~16:20分子タギング法による流体計測 (豊田工業大学 半田 太郎)

分子タギング法はタグ付けした分子をイメージングすることで流れの情報を得る手法である.本講義ではその基本原理について解説する.分子タギング法ではトレーサとなる分子によってタグ付けする方法が異なるので代表的なトレーサ分子についてタグ付けする方法を述べる.さらに,分子タギング法を利用するにあたっての必要な装置および注意点について説明する.

16:30~17:50事例紹介(全講師)

蛍光燐光による定量可視化計測によって,世界最先端の技術レベルでは何を測れるのか,どんなことまで視えるのか,最新技術の現状と可能性についても紹介します.

15:00~18:00PSP/TSP/分子タギング法やその他の可視化に関する技術相談(併設,全講師)


蛍光・燐光計測を参加者の皆様の研究に活かすため,導入から応用計測まで個々の具体事例について,講師陣がノウハウを伝授します.他の講習会や学会等ではみられない稀有なチャンスをご活用下さい.


参加費:

可視化情報学会 正会員/賛助会員:10,000円

可視化情報学会 学生会員:5,000円
(協賛学会員は非会員です.申込み時に入会を申請し,会員価格で参加することが可能です.)

非会員一般:25,000円

非会員学生(修士まで):10,000円
(非会員価格での参加者は講習会開催後に学会に入会できます.その際,入会費と初年度年会費は無料とします.過去に入会歴のある方は対象外とします.)

クレジットカード決済または銀行振り込みによる事前支払でお願いいたします.

受講申込:

(社)学会支援機構による申し込みページ からお申込下さい.

クレジットカードでの決済は,申し込みと同時に行う必要があります.カード決済をご検討の方は,申し込み時にお手元にカードをご用意の上,手続きを行ってください.

早期にお申込み頂ければ請求書(支払期限5月末)の発行も可能です.

万が一ご出席がかなわなくなった場合も規定通りの参加費が発生致しますので,ご了承ください. その場合,代理の方のご参加が可能となりますので,その旨をメールにてご連絡ください.

参加申込期限

2017年5月9日(火).ただし定員に達し次第締め切り.

連絡先:

産業技術総合研究所 染矢 聡

E-mail: s.someya@aist.go.jp

主催・協賛

主催:可視化情報学会

協賛(予定):日本原子力学会,ターボ機械協会,土木学会,日本伝熱学会,日本燃焼学会,日本流体力学会,日本混相流学会,日本液体微粒化学会