第12回 可視化フロンティア「PIV講習会2012」

第12回 可視化フロンティア PIV講習会2012 →第13回開催決定(11/30新大阪)

  ~可視化情報学会CPDプログラム(技術士/JABEE継続教育)~
 
概 要 本講習会では画像による流れの可視化を基礎技術としたPIV(粒子画像流速計測法)に関する技術情報を提供することを目的としています.PIVシステムではトレーサ粒子像を撮影してソフトを動作させれば,何らかの「もっともらしい」データを得ることができます.正しい結果であると信じたいところですが,実は“もっと正しい”結果を得ることができるかもしれません.実は大きな落とし穴があるかも知れません.粒子サイズ,粒子の数密度,いろいろなパラメータの考え方はどうでしょうか?本講習会では,広く普及しつつあるPIVをよりよく理解し,適切に活用するための技術情報を提供します.また,多くの事例紹介,講義内容を反映したPIVの実演・実習を行い,論理的かつ直感的な理解を促進します.
企業・大学等の研究者,技術者,大学院生などのうち,流れの可視化計測をこれから実施しようとされている方,実施現場でお困りの方,計測データの処理方法を知りたい方,これまで以上に活用したい方を対象としています.
本講習会技術士やJABEEの継続教育に関する可視化情報学会CPDプログラムの第12回目として位置づけられており,講習会受講者には修了証が発行されます.
 
日 時 2012年9月4日(火) ,9:30 - 17:00
 
場 所: LMJ東京研修センター 3階大会議室
都営地下鉄三田線 水道橋駅下車 徒歩3分
 
講習題目 ・PIVの基礎 講師:筑波大学 榊原 潤
・PIV実践 講師:宇都宮大学 二宮 尚
・PIV事例紹介・実演・実習 講師:日本カノマックス(株) / (株) フォトロン
 
参加費
可視化情報学会正会員・賛助会員 10,000円,可視化情報学会学生会員 5,000円
非会員 25,000円
申し込みページに表示される案内に従い,学術支援機構によるクレジットカード決済または銀行振り込みにてお支払い下さい.
当日,テキストに加えて,参考書としてPIVハンドブック(可視化情報学会編,森北出版)を使用する場合があります.
 
申込方法 定員になりましたので申し込みを締め切りました.多くのお申し込みを頂き,誠にありがとうございました.(2012.8.22)
 
申込期限 平成24年8月28日(火)
 
詳細情報
プログラム
PDF形式(219KB)
 
主 催 (社) 可視化情報学会
 
協賛学会
(含依頼中)
日本機械学会,応用物理学会,海洋音響学会,海洋調査技術学会,化学工学会,計測自動制御学会,資源・素材学会,自動車技術会,情報処理学会,ターボ機械協会,土木学会,日本医用画像工学会,日本エアロゾル学会,日本音響学会,日本ガスタービン学会,日本海洋学会,日本気象学会,日本計算工学会,日本建築学会,日本航空宇宙学会,日本混相流学会,日本雪氷学会,日本船舶海洋工学会,日本地球化学会,日本知能情報ファジィ学会,日本天文学会,日本伝熱学会,日本燃焼学会,日本非破壊検査協会,日本リモートセンシング学会,日本流体力学会,日本レオロジー学会,日本惑星科学会,物理探査学会,レーザー学会,日本フルードパワーシステム学会
 
問合せ先 産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門 染矢聡
s.someya@aist.go.jp