2012年10月のFlash

Flashを再生する Flashを再生する
  • 動画提供: 新潟大学自然科学研究科 教授 赤林伸一 新潟工科大学工学部建築学科 教授 富永禎秀

  • ・先月のフラッシュに続く第二弾。境界層風洞内(断面1.8m×1.8m)に設置した通風モデル(300mmの立方体、開口部2カ所40mm×40mm)を 対象としたPIV解析結果の動画。風洞内風速は5m/s、対象モデルの開口部は風向に平行な壁面に設置されている。出力5Wのレーザーを用い、 カメラの解像度は1024×1024pixel、撮影速度は500fps、PIV解析には直接相互相関法を用いている。先月のフラッシュと同様に風向に平行 な壁面の両開口部から方の接近流の乱れにより空気の流出入が交互に生じている様子がPIV解析により定量的に把握出来る。