国際研究支援金の報告と支援希望者の募集

平成28年4月
一般社団法人 可視化情報学会

国際研究支援金の経過報告とご協力のお願い

多くの発展途上国では、経済的な制約により、研究者が国際的な学会に加入し世界の研究状況を知り、活発な研究活動をすることが困難な状態にあります。本学会では、このような状態におかれている外国人研究者を支援し、学会活動の国際化を図るため、1997年度から「国際研究支援金」制度を設置し、募金協力のお願いをして参りました。いままで貴重なご支援を頂きました皆様には、ここに改めてお礼申し上げます。そして、この活動を維持し発展させるため、今年度も引き続き募金をさせて頂きたいと存じます。

募金方法

平成28年度会費請求の際に同封のゆうちょ払込取扱票(振込用紙)内「国際研究支援金」の項目に口数をご記入の上、直接お振込ください。

募金ご協力者(平成27年1月から12月末日現在・敬称略)

池田 旭彰, 大島 裕子, 大堀 務, 加藤 泰生, 川橋 正昭, 木村 元昭, 榊原 光利, 佐久田 昌昭, 佐藤 慶太,武居 昌宏, 田中 宏, 野間 正泰, 松山 洪植, 丸茂 長幸, 水野 明哲, 宮代 裕, 村田 滋, 山田 英巳, 割澤 伸一

国際研究支援金制度による支援希望者の募集

今期も引き続き支援希望者を募集いたします。ご希望の方、または支援を必要とする 外国人をご存知の方は、下記要領によりご応募ください。支援希望申込書に基づき 本学会で審査のうえ、応募者には可否の結果を通知いたします。

1.支援の内容

対象は会員の推薦または本人の申請により、本学会が認めた外国人の研究者です(会員、非会員を問わない)。 補助する項目は、以下のとおりです。

(a)本学会の和文論文集投稿料
(b)年会費、入会金(含む可視化情報学会誌)
(c)可視化情報シンポジウム(年1回7月)と同全国講演会(年1回10月頃)の講演論文集
(d)可視化情報シンポジウム、同全国講演会の参加費
(e)その他、可視化情報学会が適切と認めた項目

2.募集期間

申込受付は随時といたしますが、採用者が年度の定員に達した場合は締切らせて頂き ます。なお本制度の適用は1年とし、 1人につき最大3年までの支援を認めます。

3.申込方法

推薦者または本人により「支援希望申込書」 に必要事項を記入のうえ(英文可)、メー ルまたはFAXにて下記事務局までお申込ください。

TEL:03-5993-5020  FAX:03-5993-5026  Email:info@vsj.or.jp

※ 支援希望申込書フォーム: WORD  PDF