第29期会長 会長就任にあたって

第29期会長 海保 真行

takahashi

Inaugural Address by the President for the Twenty-ninth Term

Masayuki KAIHO

2017年8月10日に開催された可視化情報学会通常総会ならびに臨時理事会におきまして、第29期の会長に推挙され、就任することとなりました。本学会は、昭和56年(1981年)に「流れの可視化学会」としてスタートし、平成2年には「可視化情報学会」として学会のスコープを拡げ、会員の皆様のご努力により発展してきました。このように長い歴史を有する本学会の会長への就任は、非常に重責を感じるところでありますが、学会の持続的な発展をめざし、最大限の努力をしてまいりたいと思います。会員の皆様のご支援・ご協力を何卒よろしくお願いいたします。

昨今では、IoT、AI、Society5.0などの潮流のもと、社会のオープン化・エコシステム化実現のための技術として、物理現象のみならず社会現象を対象とした「可視化」に対する期待が高まり、本学会の役割はますます重要となってきています。そのような背景のもと、本学会では、「可視化情報に関する研究の進展と知識の普及」「我が国における学術の発展」というビジョンを掲げ活動しています。

1つめのビジョンについては、「学会が行う事業の価値向上」と言い換えられると思います。皆様ご承知の通り、本学会では、会誌等出版物の発行、講演会・講習会の開催、学会賞等の授与、研究会活動など、様々な事業を推進しています。ここ数年、産業界の学会活動活性化をめざした学会賞の見直し・新設、会員の議論の場である講演会の活性化をめざした可視化情報シンポジウムと全国講演会の統合の決定など、渡邉好夫元会長、高橋桂子前会長のリーダシップによる学会としてのあるべき姿の議論のもと、様々な施策を実行に移してきました。ある意味、持続的な発展に向けた学会の転換期と言っても過言ではないかもしれません。例えば、講演会統合については、統合後のシンポジウム企画の具体化だけでなく、今後、全国講演会の特長を残しつつ持続的にどのように開催していくのか、などの検討が必要です。その他、学会誌・論文集・研究会・講習会などの事業についても、今までの議論も踏まえて、事業の持続性・会員の皆様にとっての価値向上を考えた検討を進められればと思います。

2つめのビジョンは「可視化情報学が生み出す価値の向上」と言い換えられるかと思います。個人的なイメージですが、可視化情報学は、技術のSカーブで言うと、創成期を過ぎ、成長期に入ったところで、これから成長を加速していくフェーズだと思います。そのためには学問・学術としての体系化が必要と感じます。ただ、「可視化」という言葉は、広く世の中に普及しており、対象とする分野・現象があまりにも広い横断的な学問であるが故に、今は応用分野拡大の時期で、体系化の考え方・方針が定まっていないとも言えます。体系化のオーソドックスな考え方は、例えば、機械工学における4力学です。機械工学の成長加速期には、学問が4力学として体系化され、その周りに○○工学という応用側の学問が発展してきたものと想像されます。対象が広すぎてこのような技術分類的な体系化の考え方が難しいとすると、技術が生み出す価値ベースで体系化を考えるのも一つのやり方かと思います。最近の世の中は、大学も企業も、技術シーズ型から課題解決型にシフトしています。なかなか答は見つからないかもしれませんが、このような議論をしていくことによって、可視化情報学が生み出す価値の向上、さらには「我が国における学術の発展」に近づけることと思います。

さらに今期は、学会の運営基盤、すなわち、運営そのものの持続性・公共性についても、従来のやり方の良いところを残しつつ、改革を恐れず検討してまいりたいと存じます。

おわりに、残念ながら、現時点で、会員数の漸減傾向からは脱しておりませんが、学会全体の持続的な発展を命題として掲げ、上記の、事業としての価値向上、学問としての価値向上を基本方針として、短期的な施策だけでなく、中・長期的な施策を検討してまいります。そのためには、会員の皆様をはじめ、関係各位のご支援・ご協力が不可欠です。何卒よろしくお願い申し上げます。

第28期会長 会長就任にあたって

第28期会長 高橋 桂子

takahashi

Inaugural Address by the President for the Twenty-eighth Term

Keiko TAKAHASHI

7月19日に開催されました平成28年通常総会ならびに第28期臨時理事会におきまして、第28期会長に推挙を賜り、就任することとなりました。本学会は、昭和56年に「流れの可視化学会」としてスタートし、平成2年に「可視化情報学会」として「可視化情報に関する研究の進展と知識の普及のため」の法人として発足し、長い歴史と実績を有します。本学会の会長への就任をたいへん光栄に思いますととともに、その重責に身の引き締まる思いです。歴代の会長をはじめとする皆様のご指導をいただきながら、副会長、理事方々、会員の皆さまならびに事務局の皆さまとともに、学会のさらなる発展にむけて、微力ではございますが誠心誠意取りくむ所存でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。

「可視化情報」は広く社会に認知され、学術界のみならず産業界においても多くの分野でその重要性が認められております。このことは、「可視化情報」科学技術がものごとを理解する際の本質と直結しており、社会のさまざまな発展と相互に連動する分野であることを示していると思います。その意味において、本学会は学術界と産業界および社会をつなぐハブとしての重要な役割を担っていると思います。本学会では、早くからこの重要性が認識され、近年では、一般社団法人化をはじめとして学会体制の充実や会員へのサービスを重視した諸活動によって、多くの実績を積み上げて来ました。第28期においてもこの指針を継承し、着実な歩みをすすめてまいりたいと思います。

その歩みの重要な基盤のひとつは、学会が主催するシンポジウムや講演会であることは周知のとおりです。学術界と産業界および社会をつなぐ「ハブ環境」の提供や会員へのさらなる高いサービス提供が可能なシンポジウムや講演会とするためには、さらにどのような工夫が必要であるのか。その実現にむけた探求と検討を進めてまいります。加えて、学会活動のもうひとつの基盤である研究会や講習会の充実は、第27期の運営においても重要な課題として検討され、環境の整備がなされました。これらの活動がさらに活発に、充実できるよう支援と可能性も探ってまいります。

本学会からの情報発信もきわめて重要であることは言うまでもありません。学会誌、和文論文集および英文論文集Journal of Visualizationはそれぞれの特色を生かしてプレゼンスを高めています。今後はさらにシンポジウム特集号やレビューなどの特別企画も念頭に、プレゼンス向上への実践を進めてまいります。学会ホームページの掲載内容や構成については、これまでも学会員、企業会員の皆様から大きなご協力をいただいてまいりました。より一層の充実を図ってまいりますので、今後も変わらぬご協力をいただきたくお願いいたします。

「可視化情報」のさらなる発展のためには、国内外における学会としての活動も、今後、重要になってくるものと思います。第27期には学会として、日本学術会議大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープランに申請(代表:小山田耕二先生)し、新たな「可視化情報」分野を提唱いたしました。今後は、Society5.0などの施策に対する「可視化情報」科学技術からの貢献なども視野に入れた学会の取りくみが必要となるものと思います。また、人材育成に関連して、他学術組織との連携についても模索が開始されております。人的交流を含めて「可視化情報」の発展に資する機会を捉え、活用できるようさらなる準備と検討に努めたいと思います。

本学会は会員皆様の発展のためにあります。会員の皆様とともに、理事会を中心に各委員会、事務局の皆様と力を合わせて、学術界、産業界および社会における「可視化情報」分野の発展につながるよう努めてまいります。会員の皆様、関係各位のなお一層のご支援とご協力をいただきたく、なにとぞよろしくお願いいたします。

第27期会長 会長就任にあたって

第27期会長 渡邉 好夫

yoshiowatanabe

Inaugural Address by the President for the Twenty-seventh Term

Yoshio WATANABE

2015年7月21日に開催された可視化情報学会第27期定例総会におきまして、第27期の会長に推挙され、就任することとなりました。昭和56年(1981年)に「流れの可視化学会」としてスタートした本学会は、平成2年には「可視化情報学会」として、さらに広く「可視化情報に関する研究の進展と知識の普及のため」の法人としての歩みを進めてきております。発足以来34年の歴史を有する本学会の会長への就任をたいへん光栄に思うとともに、その重責に身の引き締まる思いです。皆様のご指導、ご支援をなにとぞよろしくお願いいたします。

ご承知のように、すでに「可視化」という言葉も広く社会に流布し、対象を的確に把握する技術・手法として認識されております。小山田耕二前会長は、この「可視化」への社会的な期待に応えるべく、本学会の領域拡大に尽力されてこられましたが、今期もそれを継承し、さらに発展させていきたいと考えております。

現在の社会や企業の活動はますます高度で複雑なものとなっており、現象の把握、メカニズムの解明に、また、情報の共有化に「可視化」は不可欠なものとなってきています。実際、私の所属する事務機器業界においても、トナー・インクの流れや紙の搬送挙動の可視化は、一般的なものとなりつつあります。さらには、製品の設計・開発やサプライチェーンのような多数の人と物が関わるプロセスや状態の可視化も進められております。

また、ビッグデータ時代と呼ばれるようにITやセンシング技術の飛躍的な向上により、従来は、基礎的なデータが入手困難だったために放棄されてきたことも、その可能性が見えてきました。たとえば、「人・物の流れの可視化」により、消費者の購買行動の把握や、災害時の人命救助や復興推進に活用されつつあります。

本学会も、この社会的な要請にいっそう積極的に取り組んでいかねばなりません。このため、各分野の要素となる可視化技術を深めるとともに、今後は分野をまたがる「可視化情報学」の共通的・基礎的側面についても検討していきたいと考えています。

これらを実現する基礎は、会員の皆様の研究開発や展開活動にかかっております。先端的な学術研究の進展、産業界との情報共有と可視化技術の展開、社会のへの普及と啓蒙にいっそう努めてまいります。

編集関係では、昨年度は和文論文集の投稿プロセスの改善により、大きく投稿数を伸ばすことができました。今期は、この流れを定着させるとともに、英文論文集Journal of Visualizationや学会誌もそのプレゼンスを高める施策を検討したいと考えております。

企画関係では、シンポジウム、研究会等の永続的な成功の基礎として、研究会の充実に取り組みたいと思います。また、先端的可視化技術の成果の普及・展開のため、従来の講習会に加えて、さらに新設の可能性も探って行きたいと考えております。

学会会員数は、学会発展の基礎であることは言うまでもありませんが、これまでの努力にも関わらず、残念ながら漸減傾向を脱却できておりません。今期は、さまざまな会員の増加策を模索してまいります。特に、産業界の会員の増強に注力してまいります。

おわりに、本学会発展のために献身的にご尽力頂いている役員や各委員会メンバーの皆様方に厚くお礼申し上げます。