平成22年度事業計画

学会の活動(第22期)

本学会は昭和56 年に「流れの可視化学会」としてスタートし,平成18 年には創立25 周年を,平成21 年には法人設立20 周年を施行した. 近来学会は従来の可視化技術と並べて「情報の可視化」を学会の両輪にすべく,情報分野の展開に重点を置き,「ビジュアリゼーションカンファレンス」を通じた活動の強化を継続している.

第22 期においても,「情報の可視化」を重点課題として活動を推進することにより学会の魅力を更に幅広いものとする. 最近,様々な場で議論されているように,知識の幾何級数的な増大,細分化と複雑・高度化は,専門家にとってすらその分野の知識を十分に活用することを困難にしている. このような状況を打破するためには,知的要素の相互の関係を明らかにする知の構造化が必要である.知識モデル・情報モデルの可視化はそのための強力なツールとなる.

学会の英文論文集JOV は国際的にも高く評価されているが,国際的情報発信の拡大と内容の一層の充実を図るべく,2010 年1 月よりSpringer 社から出版される体制に移行し,会員へのサービスも充実し,かつ国際的認知度は一層高まりつつある. 同様に,和文論文集および学会誌発行についても更なる充実・拡充を図る計画である.

JABEE に基づく大学教育プログラムや技術士の継続教育については, 講習会を継続的に開催するなど, 引き続きその展開に協力するとともに, 学会の意見を反映させていく.

学会活動の活性化と健全化を継続的に推進するが,近年の公益法人等制度改革への対応が急務であり,年会費を含めた学会の財政基盤の強化・見直しを見据えながら学会のあるべき方向を提言していく.