みえる化研究会 開催記録

    第1回
    日時:2008年1月23日(水)
    場所:(株)東芝 研究開発センター
    講演:高機能パワーユニットのシックスシグマ設計 東芝 横野泰之
    見学:東芝科学館
    世話人:東芝 横野

    第2回
    日時:2008年4月11日(金)
    場所:(株)ケー・ジー・ティー 新宿本社
    講演:プロジェクトの見える化、EVMを用いた進捗管理について
       筑波大学 木野泰伸
       組織横断的重要課題に対する責任明確化と組織体制構築手法
       日本IBM 除村健俊
    見学:KGTの製品群,VRシステム体験デモ
    世話人:KGT 宮地

    第3回
    日時:2008年7月29日(火)
    場所:トヨタ自動車(株)田原工場
    講演:プレス成形の可視化技術 トヨタ自動車
       セキュリティ情報の可視化 電気通信大学 小池英樹
    見学:トヨタ自動車田原工場 レクサス工場見学(組立・エンジン)
    世話人:トヨタ自動車 中村

    第4回
    日時:2008年12月19日(金)
    場所:大阪ガス ガスビル
    講演:ソフトウエア開発のみえる化 オージス総研執行役員 宗平順己
       教育情報のみえる化 名古屋大学 梶田将司
    見学:未来住宅NEXT21,中央指令センター
    世話人:京都大学 小山田,大阪ガス 河本

みえる化研究会

  • 主査: 横野泰之(東京大学)
  • 目的: 「見える化」という言葉がよく用いられるようになっており,問題を「見える」ように工夫し,問題を理解してその解決を図るものを意味している. 日本では世界に先駆け,「見える化」の効能をモノづくりの現場に活用してきた.最近では,この「見える化」は生産現場だけでなく,設計などの製品開発や経営,教育の「見える化」など,様々な領域で実践されている.この「見える化」はまさに情報の可視化であり,可視化情報学会としては注力していくべき分野の一つとなっている.
    本研究会では,「見える化」に関する企業での現状や課題,大学での先進事例や技術,ベンダーでのソフト情報などを共有することを目的とする.まずは,お互いを紹介して,その後,一緒に活動できるアイテムの導出や講演会のセッション,特集記事などにつながることを期待している.